よくあるご質問

受診について

医師の指名はできますか?

当クリニックは常時2人の医師が診察を行っております。担当医のご希望がありましたら、受付にお申し出ください。
担当日以外や、出張などで不在の場合はご希望に添えないことがありますので、お手数ですが、あらかじめ電話でご確認ください。
※担当表はトップページをご覧ください。

診察の予約をとることはできますか?

診察の予約は受けておらず、当日の受付順で診察をおこなっております。(担当医の診療の進行状況により順番が前後する場合がございますのでご了承ください)
なお下記のように検査や手術、紫外線治療は予約が原則となります。

検査や手術、紫外線治療は、受診した当日にできますか?

パッチテストや手術、紫外線治療は、準備や治療室の都合があるため、当日は行っていません。予約して後日に改めて受診していただきます。

投薬のみはできますか?

当クリニックでは、診察で患者さんの状態を確認して、必要な処方を行います。投薬のみのお申し出は、お断りしておりますのでご了承ください。

診察を受けるときの注意点はありますか?

お薬の飲みあわせの確認や、薬疹の可能性があるときの内服薬の確認のため、お薬手帳が役にたちます。お持ちの方はご持参ください。
また、顔に症状があり、受診されるときは、お化粧をせずにご来院ください。当クリニックでお化粧を落としていただくことも可能です。その場合は必要に応じて化粧品をご用意ください。

検査について

アレルギー検査はできますか?

アトピー性皮膚炎やじんましんなどの原因を見つけるために役立つ血液検査や、じんましんやかぶれの原因を明らかにするための皮膚テスト(プリックテスト、スクラッチテスト、パッチテストなど)を行っております。
病状により必要な検査が異なりますので、担当医にご相談ください。

パッチテストとはどんな検査ですか?

パッチテストは、接触皮膚炎(かぶれ)の原因を明らかにし、確認するための検査です。検査の方法は、原因の可能性のある物質を背中や腕などに貼り、48時間後と72時間後に判定します。そのため、検査の1日目、3日目、4日目の来院が必要となります。
検査の期間中は入浴や運動などに制限があります。

乳幼児のアレルギーの採血検査はできますか?

乳児湿疹、アトピー性皮膚炎などの乳幼児の湿疹治療は当クリニックで行っておりますが、採血検査は小児科でお願いしております。

治療について

紫外線治療とはどのようなものですか?

当クリニックで行っている紫外線療法は、1)ナローバンドUVB療法(311~313nmの紫外線を照射する方法)と、2)エキシマライト療法(308nmの紫外線を照射する方法)です。治りにくい乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などの治療に用います。
定期的に治療を繰り返すことで、他の治療では得られない良い効果が見られることがありますが、種々の副作用の可能性もありますので、詳しくは担当医にお尋ねください

水いぼの治療にはどのようなものがありますか?

水いぼは放置しても約半年から2年程度で自然軽快することもありますので、未治療で経過をみることも選択肢です。
除去ご希望の方は、ピンセットで少数ずつ除去します。処置の痛みをやわらげるために、痛み止めの麻酔テープ(ペンレステープ)を貼って治療することもできます。ペンレステープの使用をご希望の際は、午前診療は11時まで、午後診療は16時30分までにご来院ください。

つめ水虫はどのような治療がありますか?

つめ水虫は、内服薬や外用剤で治療します。症状により約半年から1年以上の治療期間が必要です。最近はつめ水虫専用の外用剤もあります。
ご希望の治療方法についてご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)の治療はできますか?

ご希望により、フィナステリドや、デュタステリドを処方します。自費診療となります。

あざやしみのレーザー治療はできますか?

当クリニックでは、現在レーザー機器は揃えておりません。レーザー治療が必要な場合は、適切な他の医療機関にご紹介いたします。

その他

帯状疱疹ワクチンはできますか?

50歳以上の成人を対象とした帯状疱疹予防ワクチン接種を行っております。
まず問診を行い、接種可能な方には、接種予約日をお伝えいたします。受診してご相談ください。

ピアスの穴あけはできますか?

当クリニックではピアスの穴あけは行っておりません。